読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辺野古新基地建設反対

オール沖縄 沖縄にこれ以上米軍基地はいらない 絶対作らせない

ボギーてどこんネトウヨボス(手登根安則)は米軍による事件事故を愚弄軽視「沖縄県民の心を踏みにじる党」

これは手登根安則のfacebookにアップされた記事だ
アメリカ軍のスクールバスに笑顔で手を降る手登根安則

何故手登根安則はゲート前に立ち、アメリカ軍に笑顔を振りまきアメリカ軍を守ろうとしているのか?
殺されたのは、悲しいのは、悔しいのは私達沖縄県民だ

f:id:sanderppp:20160628093929p:plain



アメリカ軍が起こした事件の記事を取り上げ「1975年ですよ!」とため息を付き報道ではないとバカにする手登根

f:id:sanderppp:20160628093954p:plain




この事件は1965年に起きたひき逃げ事件だ
手登根はこの事件も同様に「1965年ですよ!」と笑い飛ばすだろう

この時も今も変わらない。日米地位協定を無くさない限り
f:id:sanderppp:20160617162330j:plain

「子どもがひき殺された!」。なんと行進団の目の前で、小さな女の子が米軍のトラックにひき殺されたのです。手に通園用のバッグを持ったまま。死んだ女の子の側に突っ立っているだけのアメリカ兵。しかし驚いたのは、駆けつけた日本の警察でした。米兵を逮捕するでもなく、軍用車がスムーズに走れるように交通整理をはじめたのです。

上は池田香代子氏のブログから引用↓
blog.livedoor.jp


手登根は言う「事件を起こしたのは1個人で米軍は関係ない」と
しかし沖縄に観光に来た、あるいは住んで居る「元米軍人でもない、米軍属でもない、米軍に一切の関わりを持たない一般のアメリカ人」が起こした事件はない
沖縄で事件を起こしたアメリカ人は米軍人、米軍人の家族、米軍属人、元米兵とすべてに「軍」が絡んでいる
その者による事件事故は交通事故を含め毎年起きているのだ

だから我々は言うのだ
「米軍基地があるゆえに事件は起きる」と

沖縄に米軍基地が無ければアメリカ軍人、または軍に関わるアメリカ人による事件事故は絶対に起こらないのだ!


手登根安則はアメリカ軍と平和交流を続け、このままうるま市女性殺害事件も風化させてしまおうとするのか?
彼がアメリカ軍をかばうのは中国と朝鮮が大嫌いで、脅威として沖縄にアメリカ軍を存続させたいのだ

手登根は自身のfacebookで以下の戦闘機の動画を載せ
「うむむ、このような機体が国産で出来れば・・・」とコメントした


彼は軍隊そのものが好きで戦闘が好きな危険人物である
f:id:sanderppp:20160614002132j:plain
「日本の心をたいせつにする党」はカルト宗教の幸福の科学と深い関わりがあり
沖縄県民の心を踏みにじり、米軍基地を大切にする党なのだ
決して命の1票を投じてはならない


これまでも沖縄ではアメリカ軍が起こした事件事故を公にされず、県民は泣き寝入りを強いられ、現在まで風化させられてきたのだ
事件から何年経とうと米軍基地がある限り、遺族の悲しみや無念さ、沖縄県民の怒りは絶え間なく続くのだ
沖縄で生まれ沖縄で育ち沖縄の土に返る私達沖縄県
アメリカ軍を撤退させ、本当の沖縄の平和を取り戻そうと必死なのだ

これまでの私達沖縄県民が受けた悲惨な事件事故を忘れてはいけない
そして同じ事件事故決して繰り返してはならない

f:id:sanderppp:20160617162442j:plain


f:id:sanderppp:20160617164959j:plain



もしあなたの周りでネトウヨ手登根安則の流すデマを信じている者がいたら その人自身がネトウヨになってしまう前にこれは教えてあげるべき真実です

↓合わせて読もう


bakusai.com


sanderppp.hatenablog.com


sanderppp.hatenablog.com


sanderppp.hatenablog.com


sanderppp.hatenablog.com


sanderppp.hatenablog.com