辺野古新基地建設反対

オール沖縄 沖縄にこれ以上米軍基地はいらない 絶対作らせない

ネトウヨボスボギーてどこん(手登根安則)のインタビューが胡散臭い

ボギーてどこん (手登根安則)氏 (52)
日本のこころを大切にする党(沖縄県民の心をたいせつにしない党)
【経歴】 ネトウヨボス

ボギーてどこんのインタビュー内容を見てみよう

Q ー政治家を志したきっかけは何ですか?

A 沖縄国際大学に米軍ヘリコプターが墜落・炎上した2004年の事件で、当時の政府やマスコミによって真実が伝えられなかったと感じたことが大きいです。当時の政府は墜落を自分たちに都合のいいように解釈したり、平和運動家は基地の撤去しか考えず人の命を軽んじるような発言をしていたりしていたことに、ショックと憤りを覚えました。ジャーナリストとして沖縄の問題を自身の目で、生の現場で見てきた私の立場から沖縄の真実を伝え、個人ではなく国家の問題として解決を図っていくべきだと感じています。

ここでやんわりと平和活動家の批判を入れてきた
平和運動家は基地の撤去しか考えず人の命を軽んじるような発言をしていたりしていたことに、ショックと憤りを覚えました」などと慈悲深い人間の様に語っているが
ボギーてどこんは自身のfacebookで米軍による事件を取り上げ「1975年ですよ!」と愚弄軽視していた事を忘れたとは言わせない
しかも彼はジャーナリストではなくネトウヨ



Q ー政治信条を“ひとこと”で表現していただけますか?

A 「国家、国民のための沖縄問題解決」です。
沖縄問題は日本の喉に刺さったトゲのように扱われています。全国はおろか、県民にすら現実が明らかになっていない問題ばかりです。しっかりと追究し、さらに沖縄だからこそできる役割を全国に伝えていければよいです。

腹の中では「沖縄にできる役割」とは「辺野古を埋めて新基地建設をする事が国家、国民の為の沖縄問題解決」であろう



Q ー特に力を入れている政策について教えていただけますか?

A 具体的には普天間基地跡地を、極東最大の救難センターにすることを目指しています。
沖縄は地震がほとんどなく、海抜も高いため津波の被害の心配もない。また、2,700mの滑走路を設えているので物資や人員を運ぶのに適していますし、本州や四国・九州で大地震が起きた際の避難先として活用できます。さらに日本だけでなく、東アジア全体の救難所にしていきたいと考えています。

沖縄全体をアメリカ軍基地のみならず、東アジア全体の救難所にしてしまうつもりだ
なんともおぞましい構想だ 沖縄全体が外国人であふれてしまうことになる


Q ー有権者に特に伝えたい事はありますか?

A 私にとって政治家になることは手段であって、当選そのものが目的ではありません。なぜなら大多数の“フツウの人”の意見を聞き、政治に反映させ、解決に近づけるのが仕事です。
地元の支持者などによく、「ボギーさんが国政で当選したら遠い人になっちゃうね」と言われますが、そうではないんです。
国民にとって国会・国政は遠いもの、自分が声を上げたところで届かない場所ではなく、”フツウの人”が持っている意識や課題こそが日本を変えるんだ、と思ってもらえるよう、国政の敷居を下げる役割も私は担っていきたいです。

みなさんの声を聞く場のひとつとして、ニコ生やツイキャスを使い、ネット住民と双方向でコミュニケーションを取っています。そこで対話する中には、政治的な視点で問題を提起してくれる政治家の「原石」のような人たちもたくさんいます。私自身はそういった原石に光を当てるレンズの役割でしかありません。
政治は政治家のものではなく、みなさん国民のもの。積極的に声を上げる人々には光を当てて、政治家に育てる、そんな前例をつくることもしていきたいです。

[上記の翻訳]
私にとっては政治家になることは金儲けであって、当選そのものが目的であり、少数のネトウヨの意見を政治に反省させ、オール沖縄の破壊をするのが仕事です。
地元のネトウヨなどによく「ボギーさんが国政で当選したらオール沖縄はボコボコだね♪」と言われますが、そうしたいんです。国民にとって国会、国政は遠いもの、自分が声を上げたところで届かない場所ではなく、フツウの人の持っている意識や課題をネトウヨがねじ曲げて変えるんだ、とバレないように、国政の敷居を下げる役割も私はになっていきたいです。
一般支援者の声を聞く場のひとつとして、ニコ生やツイキャスを使いネトウヨと双方向でコミュニケーションと言う名の洗脳術を取っています。そこで対話する中には、政治的な視点で問題を提起してくれるネトウヨの「原石」のような人たちもたくさんいます。私自身はそういった原石に入れ知恵をする役割でしかありません。政治は政治家のものではなく、みんなネトウヨのもの。積極的にネトウヨ活動をする人々には悪知恵を与えてネトウヨに育てる。そんな事をもっともっとたくさんしていきたいです。



Q ー18〜19歳のときに何をしていましたか?
A バイクや車を改造し、仲間たちで集まって夜な夜な走っていました(笑)。政治のことなんてこれっぽっちも考えていませんでした。
でも、優等生ではない自分だったからこそ、「平和、反戦」一色の教育に染まらず、今こうして沖縄の問題の真実を知ろうと動き、発信するようになりました。
今の若者は、スマホ、ネットを通じて、マスコミが報じないさまざまな情報に得られるチャンスがあります。ぜひ、積極的に真実の情報に触れてほしいですね。

昔っからろくな事はしていないようです

「今の若者は、スマホ、ネットを通じて、マスコミが報じないさまざまな情報(ネトウヨの洗脳情報)に得られるチャンスがあります。ぜひ、積極的にデマの情報に触れてほしいですね」




Q ーご本人がアピールしたい事があれば

A ジャーナリストとして現場で自分の目で確かめた情報を発信し続けてきたように、政治家になったとしても現場第一主義は変わりません。
現場で得た真実を伝え、閉塞感のある日本の政治に風穴を開けていきたいと思っています!


[上記の翻訳]
ネトウヨとして現場で自分の目で確かめた情報を発信し続けてきたように、政治家になったとしても現場第一主義(デマ自作自演ねつ造)は変わりません。
現場で得たデマを伝え、閉塞感のある日本の政治にケツの穴を開けていきたいと思っています

全てウソを並べたインタビューであった

注意!ネトウヨのボスが参議院選挙に出馬します
「日本の心をたいせつにする党」ボギーてどこん(手登根安則)

f:id:sanderppp:20160614002132j:plain

このような低脳で幼稚なデマを振りまく中年男に沖縄の未来を託した命の一票を投じてはならない
もしあなたの周りでネトウヨ手登根安則の流すデマを信じている者がいたら 
その人自身がネトウヨになってしまう前にこれは教えてあげるべき真実です